ヒールテック社 / クイックシフターEASYを
通常の使用中、またはセットアップ中に起こった問題点を
解決するためのガイドです。
注意:問題が発生した時、まず第一することは⇒お手元の
『取り扱い説明』『取り付け説明』をよく読み直してください。

(1)私は自分のオートバイ用の正しいパーツを買ったので
 しょうか? 


iQSE取り付けの前に、ウエブサイトの
『適合アプリ』で改めて製品パーツナンバーの
確認を行ってください。
もしその中にあなたのオートバイが無い時はお問い合わせください。 

 

(2)エンジンがかからなくなりました、付属の
 ジャンププラグを使っても駄目です?

 
原因の可能性としては:
-バンク角センサーがきちんと正常に取り付けられていない。
-作業中に外したコネクター(例えばタンクからの配線など)が
 元通りになっていない。
-各コネクターが内部で金属ピンの曲りや抜けがあり接触不良を
 起こしている。
-QSHハーネスキットがあなたのオートバイに適合していない、
 あるいはどこか破損している。 

-ジャンププラグはiQSE-1で使用できます。


(3)エンジンがなかなかかからず、アイドリングが
 安定しませんが?


コネクターの組み合わせが間違っていませんか?
取り付けたコネクターを一個づつ外しその組み合わせを
確認してください。、


(4)iQSEのLEDランプが点灯しません?

まずギアをニュートラルに入れます。
エンジンストップスイッチが『ラン』位置になっているか確認、
そしてイグニションを『オン』します。
いくつかのオートバイではエンジンがかかっていないと、
iQSEモジュールに電源が流れない構造の物もあります。
iQSE装着後スターターが回るのにエンジンがかからない時
(ジャンパープラグを刺した状態でも同様)は、
QSHハーネスキットの黒い=アース、配線にきちんとアースが
取れていない可能性があります。再度確認してシャシーに
よく接触するように、例えばギアボックスに直に留めたり、
あるいはバッテリーマイナスに直接接続してみてください。 

(5)センサーからの信号が来ません?

改めてセンサーの取り付けガイドをよくお読みになり、
取り付けを確認してください 

 

(6)センサーの作動状態のチェック方法は?

以下の順番でチェックしてください。
- 2芯コネクターは接続のままでセンサー本体を取り外します。
- モジュールにスマホから接続します。
- セッティングの画面から、センサーロギングを開始
- 親指と人差し指でセンサーを強めに押さえ、シグナルが
 グラフ上に見えるか確認します。指で「10」より高くシグナルを
 発生するようにします。 

 

(7)高回転あるいは高いスピードで走行時に設定外の
 カットオフが発生しますが?


はじめにセンサーの取り付け方法を改めて取説で確認してください。

センサーの取り付けに際し付属のコーンワッシャーをセンサー両側に
正しく取り付けていますか?

センサーの「基準値」=Sensor thresholdの画面で
センサーロギングを画面の指示に従って進めてください。
この操作は、シフトレバー上にあなたの足が乗っている状態でないと
正しく行えません。

ごくまれに、それでも設定外のカットオフが発生することがあります。(単気筒オートバイなど強い振動を発生する車両などで)
このような時はコーンワッシャーのほかに薄い(最大で1mm厚)ゴムシートを切り、両側のコーンワッシャーとセンサーとの間に挟んでみてください。
その後でセンサー基準値の再設定を行ってください。 

 

(8)高回転あるいは高いスピードで時々エンジンが
 止まってしまいますが?


可能性としてサイドスタンドスイッチが故障、あるいは
コネクター接続がゆるんでいます。
カプラーだけでなく内部のピンの曲り、カプラー後部への
抜けが無いか確認してください。 

 

(9)モジュールがイグニションカットを行いませんが?

エンジンをかけてアイドリングさせます。
iQSEアプリを開きモジュールと接続し ます。セッティングの画面上でカットオフテストスライダーを140msにスライドさせます。テストボタンを押してエンジンが一瞬止まるか
どうか確認します。テストボタンを押したときにエンジンが一瞬、
あるいは完全に止まるようであればモジュールからの出力は
正しく行われています。そうならない時はモジュールとの接続を
外し、付属のジャンパープラグを代りに刺して当方まで
ご連絡ください。(各国代理店に連絡いただければ
当社=ヒールテック社、まで連絡を行ってくれるはずです。)
もしこのカットオフテストが正常な時は、改めてアプリ上で
iQSEモジュールがきちんと認識されているか確認してください。
センサーロギングの画面上で、センサーの「基準値」=
Sensor thresholdを調整してみます、さらに最初の
セッティング時に「最初の回転数=First RPM」以下で
カットオフが行われないように正しくセットしたかも
確認してください。 

 

(10)時々ニュートラルに入ってしまったり
 ギアチェンジが行われないのですが?


原因の可能性として -センサーの「基準値」=Sensor thresholdが
 低すぎると発生します、センサーロギング画面で
 調整してください。

-カットオフ時間が短すぎる、カットオフ時間の設定を
 5-10ms上げて試してください。

-しっかりと確実にシフトレバーを足で操作しているか確認して
 ください。

-シフトロッドの取り付け位置がずれている可能性もあります。
 最適な取り付け角度はシフトアームとロッドの角度が
 90度程度ですが、メーカー推奨値がある場合はそれに従って
 ください。 

 

(11シフトアップは確実に行われていますが、
 シフトダウンがうまくいきません?


特定のごく一部のオートバイでスリッパークラッチ装着車でのみ可能です。

この場合は高いギアからの下げてゆく時のパーシャルスロットルでの

クラッチレスシフトダウンが可能です。


☆注意:この場合でも十分に注意してセッティング、テスト、使用を行ってください。

もし少しでもスムースにいかない時は必ずクラッチを使ってく ださい。 


(12)スズキのオートバイで高いエンジン回転での
 クイックシフトアップ時、FIエラーランプが
 点灯してしまいます?


この場合そのスズキ用の専用ハーネス=QSX、でなくQSHハーネスを
取り付けていませんか?
専用のQSXハーネスを使用すればエンジンカットオフ時の
信号をバイクECMはエラーとして感知しなくなります。 

 

(13)私のスマートホンからモジュールの接続が
 できません? 


iQSEのモジュールでLEDが点灯するか確認してください。
(赤、あるいはグリーン点灯)。
アプリのメニューから「接続」=Connect、を選択します。
(一部のアンドロイド電話機ではアプリのスイッチボタンを
長押ししないと開かないものがあります、ご注意ください。
一部のスマホでブルトゥース2.1
(あるいはそれ以上)を使えないものがあります。その場合は
iQSEアプリは代用プロトコルを使わないと操作できません。
これはそれらの電話では通常使わないので「隠された機能」
になっています、それを開くには、メニューから「About」を
選びコピーライト=Copyrightのテキストを10回程度タップすると
『告知』が現れます。そこで接続を試してください。
もしそれでも接続出来ない時は申し訳ありませんが
他のアンドロイドスマホでお試しください。 

 

(14)PINコードをセットしたスマホを交換したのですが、
 コードを忘れました、どうしたらよいですか?


代理店からヒールテック社にPINコードクリアの手続きを
ご依頼ください。(多少お時間を頂きます) 

 

(14)他のオートバイに新たに新しいモジュールを
 取り付けました、私のスマホから古いモジュールリストを
削除したいのですが?


メニューからスマホとペアリングしてある(古いほうの)
モジュールとの接続を行います。
『見つかりません』=Not Found=(X)、が現れたらそれを
長押しします。 

 

(15)時々ブルトゥースの接続範囲が届かなくなりますが? 

一部の電話機ではバッテリーが弱くなるとその到達範囲が
狭くなります。またモジュールの位置や電話機の性能に
左右されます。通常は約3メートルがシートに座ったライダーからの
到達範囲となっています。 

 

(16)すべて正しく取り付けたのにセンサーからの信号が
モジュールに届いていないようです、エンジンがかからなくなりました? 


センサーの配線を強い電気、電圧の通る配線のそばに
通していませんか? QSEそれ自体の配線、イグニションコイル配線、バイクECU配線、
HIDヘッドライトの配線などとは必ず離して取り付け、取り回してください。
強い他の電気信号はセンサーのシフト信号を打ち消してしまうことがあります。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。