ショッピングカートを見る



2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
☆ピンクは休業日です。
休業日も注文はできます。



よくある質問=FAQ、など、
-----------
リンク集

メッキ前の下地研磨、
バフ仕上げプロSHOP
ヨコハマ ポリッシュ


軽井沢 ライダーズCafe MOTOTECA
-------------
HealTech 製品取扱Shop





----------
世界中のHayabusaたちへ

黄猿さんのブログ
GIproの解説、必見!


----------
ソリューション画像
クレジットカードでお支払い
PAYPALのご案内
こちら
手数料無料です。
(携帯からは
使えない事があります)


電話(10-19時)でも注文OK!

発送、送料は↓ポチ!
rss atom

Gipro-DSよくある質問  

☆いくつかGIproって種類があるようですが、何が違うの? 

GIpro+ATRE(単にGIproとも言います。)と、
  GIpro-DS(GP-DS)、
  GIpro-X(GP-X)
  の3種類です。
  どれもギアインジケータですが、適合車種、機能、取り付け方法が違います。
  (詳しく言うと動作システム/プログラムが異なります。)

  それぞれの適合表を見て、ご自分のバイクにあう製品を探してください。
  タコメータが付いていれば、ほぼすべてのバイクにギアインジケーターは付けられます。


☆当初よりギアポジションの反応がが悪く たまに「F」の表示エラーを起こします。再セッティングしましたが治りません。

☆まずカプラー(内部のピンも)の接続をよく確認してください。
つぎにクラッチレバーを交換している場合はそれが原因の可能性があります。
ノーマルに戻して試してください。
またクラッチレバーが純正でもクラッチスイッチの作動が悪くなっていると
このような症状が出ることがあります。チェックをお願いします。
これにより回復することがあります。

☆どの色が一番良く見えますか?(視認性) 

☆赤と青と白=限定色、はほとんど変わりません、緑がやや落ちます。
(メーカーは赤が一番で、青と白がその次と行っていますが
私は同じと思います。*あくまで私の主観ですが、)      



☆今まで正常に動いていたのに急におかしな表示を始めました、
  故障でしょうか?



☆まず初めに一旦電源=バッテリーのターミナルを外し
電源を落としてみてください。
その後数分してから再接続し、再セッティングを行ってください。
これにより回復することがあります。

次に、特に寒い冬季にこのお尋ねが増えます。GIpro-DSも電気製品です。
電気が足りなくなると誤動作を起こします。
特に屋外に駐車している方は冬期のバッテリーの保守にご注意ください。
またバッテリーは定期的に交換しないと、充電をしてもその性能が新品同様には戻りません。

車体内部に置かれているものですので外観は新品同様でも、確実に経年変化を起こします。
GIproの誤動作が起きた時はまずこれをご確認ください。


また、「何らかの理由」でギアセッティングが違ってしまっている事があります。
(症状は様々で違うギアを表示したり、あるギアだけ表示しないなど)

このような時は、『リセット』『再セッティング』を取り説に従って行えば直ります。

その方法は、Giproのディスプレーがイグニションオンした時、”3”、”4”
または”5”示している時に、6回電源をON/OFFします。
この6回、毎回”3−5”の間でON/OFFしてください。

ほとんどのバイクではエンジンストップスイッチを、”パチパチ”と
繰り返すことでディスプレーの電源の on/offが出来ます。
ほかには、イグニションキーのon/off を繰り返す方法、イグニションを
オン状態でGiproのカプラーの付けはずしを繰り返す方法などがあります。

上記の操作のあとパワーオンするとディスプレイは”6”から”1”へ順に表示されます。
これはメモリーがクリアされ、再セッティングできる状態であることを示しています。

次に、『再セッティング』を行います。
リアホイールを「スタンド」などを使い安全な状態で上げ、エンジンをギア=
「ニュートラル」の状態でかけます。

ディスプレーに “L”がゆっくりと点滅します。エンジンをニュートラルでスタート、
アイドリングさせます。しばらくすると点滅が早くなりエンジン回転信号を
正しく受信したことを示します。

ディスプレーに”1”が点滅します。
1速に入れクラッチをつなぎます。(☆エンジン回転はアイドリングより
高い状態で維持します。
ディスプレーの点滅速度が速くなり、その間にギアポジションを学習します。
ディスプレーに”2”が点滅したら、ギアを2速に入れます。
これをトップギア (5 または 6)まで続けます。
もし取り付けたバイクが5速ギアの場合、”6”が点滅するのを待ちます。
”6”が点滅したらクラッチをにぎり=切り、エンジンをオフ=切ります。
もし取り付けたバイクが6速ギアの場合、”o”(over)が出るのを待ちます。

終わったら一旦エンジンを切ります。

これでGipro DSはギアを正しく表示するようになりました。
ここからエンジンをかける=イグニションをオン、とディスプレーに数字が、
”1”から”6”へ順に表示されます。これはメモリーが完全に行われたことを
示しています。

このセットアップはスタンド等が無い場合、走行しての実行可能です。
ただし以下を注意して行ってください。

 *インジケーターの点滅指示に従ってギアを上げて行って下さい。
その間はシフトダウンしないでください。高い速度/エンジン回転の
必要はありません。
 *あくまでも基本はスタンドでのセットアップです。
 くれぐれも周囲の交通状況に注意して行ってください。
事故等があっても当方は一切の責任は負いません。

  *詳しくはお持ちの取扱説明書をお読みください。
   取り説を紛失したときはこちら

☆GIpro DSは国内CBR1000RR(2008)にリミッターカットのみの加工をしてる場合、機能しますか?

☆フルパワー化した2008以降のCBR、リミッターカットのみ行ったバイクにはGIpro-Xを取り付けられます。作動システムが違いますが、インジケーター外観は全く同様です。

☆GIpro DSを使っていますが、急に"F"の表示になりました。
故障でしょうか?

☆このような報告が、まれに各国の総代理店からメーカーにあるようです。
順調に使っていて急にこのような症状の出たときは
以下を参照してください。

このDSインジケーターはサービスチェックカプラーからの信号を読み取って表示しています。
つまり簡易型=ギアインジケーターに特化したエンジンチェック機といえます。
例えばバイク本体の、センサー、サーボモーター等から故障=不具合の信号があると、
それだけで不正信号と判断して"F"=failure=破損、不具合、を表示します。
たとえ一ヶ所のセンサー等が壊れていても、バイクエンジンは正常の作動をして
ライダーは故障と感じないことが多々あります。
このような"F"表示が出たときは各ディーラーSHOPなどで、詳しい不正信号の有無の
チェックを、コンピューターをサービスチェックカプラーにつないで行なうことを、
「まず」お勧めします。
(ただし簡易型ツールでのチェックでは、何もでないことがあります。)

上記のようなエンジンチェック機能を持った製品ですから、エンジンチェックの
コンピューターをカプラーに挿すことと同じく、このDSを付けたからといって、
バイク側センサー等に悪影響を与えたり、壊したりすることは『絶対に』ありません。

☆GIpro DSの適合一覧表はありませんか??
 
☆最新の適合チェックには、ココに現れる製品アドバイザーをお使いください。
アドバイザー使い方はトップページへ!


☆私のホンダCBRはいわゆる「フルパワー化」という
配線接続の加工をしてあります、GIpro DS H01は取り付けられますか?


いいえ、無改造であれば問題なく作動しますが、
この場合、車両診断装置への信号が変化しています。
別の『フルパワー化CBR専用品』をお求めください。
ココをご覧ください。

☆『フルパワー化CBR専用品』がうまく動かないことが
あるとすれば何が原因ですか?


一般的な配線改造のみの車両で完全な作動確認をしています。

以下のようなケースなどでいくつか報告がありました。

フルパワー配線改造が確実に行われていない場合で
FIエラー、ECUエラーの場合。
ディーラーさんなどで「サービスチェックカプラー」に機器を
つないでのECU/FIチェックでエラーがでる改造車両では
不作動になります。エラーを解消してお試しください。

クラッチレバーを社外のものに変えていて、
その取り付けあるいは製品が不良のため
クラッチスイッチ信号が正しく出ていない場合。
一旦ノーマル(配線含む)に戻してお試しください。

一般的な配線改造のみの車両では100%完璧に作動しています。
バイクのどこかに原因がある場合がほとんどです。

まず取り付けカプラーの接続、またその中でピンがきちんと
お互いに刺さっているか、などから、
よ〜くチェックなさることをお勧めいたします。

☆私のバイクには他社製のTRE機能装置=ジーパック、が
付いています。GIpro DSは付きませんか?

残念ながらこの場合作動しません。当社のGIpro+ATREをお求め頂ければ
TRE機能とインジケーターが両方手に入ります。

☆そちらで販売のX-TREと併用できますか?

いいえ、上の回答と同じです。この場合作動しません。

☆取り付けたのですが、表示しません。
改造は社外HIDヘッドランプ取り付けだけです、製品不良?

まず考えられるのは、HIDのイグナイター/バラストが
バイクコンピューターに影響を与えている『可能性』があります。
HIDの機械は非常に高圧な電流を発生します、可能な限り
コンピューターから離して設置してください。(配線も含めて、)
とりあえず一度HIDのヒューズをはずしてGIproの作動を
ご確認ください。

☆「-」が表示されますが、故障ですか?

下の作動説明にもありますが、一部車種を除き、走行時=エンジンが
かかっていて、クラッチがつながっている時のみ、ギア表示します。
それ以外は「-」を表示します。故障ではありません。

☆ホンダのインジェクションモデルCBR600F4iに乗ってます、
適合が無いようですがなぜ?

ホンダ、カワサキの初期インジェクションモデルは
ダイアグノーシス=車両診断、システムが付いていません、
このGIpro DSはそのシステム搭載車でないと作動しません。

☆ヤマハバイクには適合しませんか?

上の回答にあるように、現状ヤマハ燃料噴射バイクには
ダイアグノーシス=車両診断、システムがありません。ですので適合しません。

GIpro DSの作動はどのように行われますか?

バイクコンピューター=ECUからの信号を読んでギアポジションを判断しています。
ダイアグノーシス=車両診断、システムコネクターへの信号はバイクにより
その情報量が異なります。
そのために車両により表示速度に差があるわけです。
ただスズキと一部のカワサキにはギアポジションセンサーが
標準装備されています。
そのためにそれらのバイクでは、いつでも=電源が入れば
正しいギアを常に表示できています。

しかしホンダとほとんどのカワサキはそのギアポジションセンサーを
装備していません。
そのために、それらの車両では、実際にそのギアを使って
バイクが走行していると、信号が来てGIpro DSがギア表示が出来ます。

そのために、この製品ではバイクごとに異なる情報量を
個々に判断できるように、車種ごとに設定を行い、
早い表示速度を実現しています。

他社製品のように、速度信号とエンジンレブから
「この速度でこの回転ならこのギア、」という演算/推測は行っていません。

☆私のバイクはGIpro DSの適合が無いようですが、
加工してなんとか付けることは出来ませんか?

ECU=バイクコンピューターから診断コネクターへの わずかな信号を読み取って
作動しています。
配線加工などしても「絶対に」作動しません。

適合のないバイク、(ヤマハ、そのほかの燃料噴射以外など)用に、
2009年前半に汎用インジケーターを
発売予定です、
それをお待ちください。

GIpro+ATRE、GIpro DSの違いは何ですか?

GIpro+ATREは、純正で押さえられた設定のパワー、トルクを開放、
そのバイクのフルパワーをすべてのギアで実現する機能付きの
ギアインジケーターです。
GIpro DSは最小サイズで、可能な限り簡単な操作を実現した
ギアインジケーターです。パワーアップ機能は付きません。

☆私のバイクにはレース用ECUを使っています。
この製品は付きますか?


いいえ、車両診断装置が無いECUでは作動しません。



☆ページトップへ ☆前のページへはブラウザの「戻る」で。